高陽印刷所

会社概要お問い合わせ

header add2

サービス

ブランディング

ブランディング

一貫性を持たせてブランドの価値を高める

企業・組織をとりまく全ての視覚要素である"デザイン"を活用し、ブランディングを
コントロールすること。CI・VI、その他WEBや印刷物、オフィスのデザインなど
全てに統一感を持たせ、価値をつけること。経営戦略上での企業イメージを固定化、
コントロールすることでブランディングを行います。
商材やサービス、企業イメージ、各々の視覚要素が素晴らしくても、全てに一貫性が
なければブランドとしての価値は生まれません。軸を一本化し、企画・戦略を
定めることでその後の展開へと導くことができます。

CI・VIの開発とブランディングの重要性

長年にわたって使われるCI・VIを、デザインしていくには、その意味・位置づけを
きちんと固めていかなければならず、安直に行うだけでは成功しません。

 

bd ill1 on

●企業や組織としての理念、目標を掲げ、それ基づいて何をしようとしているのか明確にすること。
●それらを社員全員が理解し、企業活動が成されていること。

●視覚的要素を統一することでコミュニケーション手段を理念、目標にふさわしいものとすること。

 

経営戦略・企画を進行していく上で、マークやロゴなどの視覚的要素は業績に大きな影響を及ぼします。

CI/コーポレートアイデンティティ- とは

CI/コーポレート・アイデンティティ(Corporate Identity)とは「組織の固有性」。それを見るだけで「アレだ」と認識できるもののことを言います。例えば人の場合はその外見・顔で「その人だ」と判断できますが、それと同じように組織をパッと見で判断できるようにするものであり、シンボルマークやロゴタイプなどもこれに当たります。CIのポイントはその組織を"見た目で体現"できているかどうか。企業・組織側の思いではなく、ユーザー・消費者が見て、そう思えることが大切です。また、CIは作って終わりではありません。その用途・使い方に関するのマニュアルも構築しなければならず、勝手に色を変えたりロゴの配置や比率を変えたりしては当初の意味がなくなります。人の場合でも「顔」が不必要に変化するようでは信用を無くすことと少し似ています。徹底して同じイメージを保つようにし、それを見たユーザー・消費者が「見た事ある」と感じ、認知度を上げること・定着させることを目的とします。

VI/ビジュアル・アイデンティティ- とは

VI/ビジュアル・アイデンティティ(Visual Identity)とは、組織(Corporation)以外の、商品であったり、企業が展開するブランドやショップ単体のマーク、ロゴなどの事をいいます。例えば、アパレル関係企業や自動車メーカーがターゲット層や年代ごとにブランドを展開し、各々で独自のロゴを作ることなどがこれに当たります。コーポレートだけではない、より消費者の立場にあわせた細かなイメージを立てることで、訴求力を高めた戦略が可能となります。

当社なら幅広い業態へブランディングのご提案が可能! 制作実績の一部をご紹介